面構造と線構造

マイロナイトには,通常,面構造と線構造が原岩よりも顕著に見られる.カタクレーサイトや断層ガウジにも,面構造が見られるものがある.


図1,マイロナイトの面構造と線構造(高木1998)

※マイロナイト面構造(Sm)

伸長したプレッシャーシャドゥやリボンと,その他の基質部分が造るmmオーダーの縞状構造(フラクションバンディング)や,再結晶鉱物の全体的な配列により規定される面構造.一般的には剪断帯の全体的な姿勢とやや斜交するが,剪断が強くなるに従い剪断帯の姿勢となす角は小さくなる.

野外でも比較的容易に認識できる.上の図のXZ面とYZ面に近い断面で,それぞれ縞状構造や再結晶鉱物の配列方向を確認できれば,その両者を含む面がSmである.

※ マイロナイト線構造(Lm)

伸長したプレッシャーシャドゥや再結晶鉱物の伸びで規定される線構造.面構造(Sm)上で認識される.

野外では,たまたま面構造(Sm)がきれいに露出していない限り測定できない.方位を記録して採取した試料(定方位試料)を切断研磨して面構造(Sm)を出し,方位を復元して試料を固定し,面構造(Sm)上の線構造(Lm)を測定する.

※面の呼称

マイロナイト線構造(Lm)をX軸方向とし,マイロナイト面構造(Sm)の面内でLmと垂直な方向をY軸方向とし,Smに直交する方向をZ軸方向とする.XY面は面構造(Sm)に平行な面,XZ面は面構造(Sm)に垂直で線構造(Lm)に平行な面,YZ面は面構造(Sm)に垂直で線構造(Lm)に垂直な面になる.

剪断のセンス(相対的な向き)を知るためにはXZ面を観察する必要がある.図1の場合は,XZ面で見られる非対称微小構造から,上盤側が左手前に動いたことが分かる.

なお,このホームページのXZ研磨面やXZ薄片の画像は,とくにコメントがないかぎり画面の水平方向がSmの方向になるようにレイアウトされている.

inserted by FC2 system